Company a la carte

Company a la carteCompany a la carte
Company a la carte

田分けと金利 悪の根源

田分けと金利その心はどちらも愚かな仕組み。微分式でしかない。積分されない世界。一方向にのみ分割されていく。前者は田畑を相続する際に兄弟姉妹で分割して相続させる。当たり前だか、微分されていく。限界値にて大いなる災いとなる。「因幡の白兎」現象。...
Company a la carte

道徳と天皇

夏目漱石はロンドン留学中、個人主義社会と個人主義がない日本社会に個人主義をどのように融合させるべきかに苦悩された。個人主義では角が立ち、情に押されては個が成立しない。光が波動でありかつ物質であることは承知しているとして、なるほど、物理学的に...
Company a la carte

道徳と金利

通貨には金利がつきものだ。金利とはなんだ?無意識に受け入れている私たちは、もしかして騙されていないだろうか。金利は誰が考案したんだろう。通貨は発行はロンドンの金商が預かり証を発行し流通し始めた。1694年、イギリス国王オレンジ公ウィリアムが...
Company a la carte

キャベツと支配

キャベツを切る。まな板には全体から切り離された部分が残る。さらに、切る。千切りにする。キャベツは人の口に入るように分断されていく。全体では食えないのだ。人の口には物理的な限界がある。キャベツ丸ごとでは胃袋には入れられない。思うようにするには...
Company a la carte

光と嘘

ひかりの存在それは波と粒の因果をもち人が立ちはだかり情緒が光を見出す。光は人が捉える。局所的で一過的で包括的なものだ。人が制御、支配しようとしたとき理性、知性とか科学とか情緒の下位の概念が生じる。光の性質の粒子挙動を数学を使って思うままに制...
Company a la carte

物事の本質 光と影と存在 幸せとは

情緒を廃して、哲学的に考えてみよう。情緒的表現ではありません。身近で明らかなことを論理でつないでみることで、広く説明できるかどうかの作業です。情緒は局部的で一過的です。哲学は広範囲で普遍的です。太陽の光で木には影ができます。これはどこにお...
Company a la carte

世の中の仕組み お金 と 法律

どうしてお金(不換紙幣 Fiat Currency))だけを私たちは使うのでしょうか。答えはみんなが受け入れているから。何かを信じて使っている。明日もしかしたら紙切れになるにもかかわらず。信じているから。昔は金(Gold)と引き換えできる...
Company a la carte

いつまでコロナ?? いつまでも! でも、いつまで?

私たちはコロナウイルスのことを知っているのかな? はい、知ってます。なぜなら、テレビで言っているから。毎日、毎日、毎日... 恐ろしい病気だと言っている。専門家も言っている。NHKもすべてのメディアが言っている。政府も言っている。首相も...
Company a la carte

Sebek is the amphibian animal.

Amphibian animal can live in the land and water surroundings, SEBEK is a part. To fit right with such surroundings, th...
Company a la carte

大切な情報は紙で残す。

貴方の大切な情報はデジタル情報で残しては心配です。デジタル情報(文書、写真、動画、音声、画像)は公開情報になってしまうからです。デジタルは電気信号によってコンピュータ内にデータとして、データはネットワークによって世界中の誰もが手に入れるこ...
タイトルとURLをコピーしました